Justin Timberlakeのことを好きすぎるアメリカの空港

2/2に5年ぶりのアルバム『Man of the Woods』をリリースする Justin Timberlake。TimbalandとThe Neptunesのバックアップにより見事復活を果たした彼だが、それをサポートする強力な援軍(?)が現れた。

その援軍とはミネアポリス・セントポール国際空港のTwitterアカウントだ。ミネアポリス・セントポール国際空港はミネソタ州最大で最も離着陸が多い、由緒ある空港だ。

空港のTwitterアカウントは突然1/19にJustin TimberlakeのTwitterアカウント宛に「Justin、新しいアルバムはとても良かった。ミネソタにも来るのを聞けるのを楽しみにしてる。情報共有だけど、うちの空港ではライブもできる」とツイートした。

さらに空港のアカウントは新曲"Filthy"の歌詞を用いたりしつつ、5日間にわたり熱烈なラブコールを送り続け、最後となっている本日のツイートではJustinと親交の深いJimmy Fallonも巻き込みつつ、Justin Timberlakeからの返事を待っているとツイートしている。

空港の状況を精確に伝えるツイートを行いながらも、このアカウントが執拗にJustin Timberlakeへのラブコールを送り続けるのはなぜだろうか?一人のミネソタ在住らしき人物のツイート真実かもしれない。

「私の街の空港がJustin Timberlakeとセックスしたがっている」。この提案にJustin側が応答することはあるのだろうか?

related

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

Lil Nas Xが「一日だけTwitterのCEOになる」とツイート|「CEOになってネオナチを凍結してくれ」との声が寄せられる

“Old Town Road”が史上最も長く全米シングルチャート1位を記録した楽曲の一つになるなど、世代を代表するスターとなりつつあるLil Nas X。そんな彼が、自身の出自でもあるTwitterについて興味深い発言を行い話題を呼んでいる。

12年間会っていなかった二人の女性がTwitter上で再会

SNS、特にTwitterはその暗い面ばかりが取り上げられがちだが、時には心温まるような出来事も起こるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。