BlackEyePatchがBEAMS TでPOP UP SHOP『stacks Issue 1』を開催

BlackEyePatchは世界各国のアーティストのアートワークをオムニバス形式で収録したzine、『stacks Issue 1』を先日リリースした。

そのzineのリリースにあわせたPOP UP SHOPを1/26から原宿のビームスTで開催する。

今回はBEAMS T別注という形で、zineに収録したアーティストのアートワークを使用したカプセルコレクションを作成・販売する。

stacks_1
『stacks Issue 1』
body_lWPoOK
AYA BROWN Print Hoodie Color:BLACK , RED Size:S , M , L , XL Price:¥12,000(+tax)
body_TDLuYk
RUSSEL MAURICE Long Sleeve Tee Color:WHITE , BLACK Size:S , M , L , XL Price:¥8,000(+tax)
body_wPfgtN
UE. Short Sleeve Tee Color:WHITE Size:S , M , L , XL Price:¥5,500(+tax)

body_d3FHIw

body_75SqiV
KABIS Print Sweat Shirt Color:BLACK , PURPLE Size:S , M , L , XL Price:¥10,000(+tax)

他にPUTSのデザインを使用したキャップも販売する予定で、初日の26日にはレセプションパーティーも開催される。

Info

official_image

BlackEyePatch POP UP SHOP『stacks Issue 1』
http://www.beams.co.jp/news/751/


会期:2018年1月26日(金)-2月4日(日) ※期間中無休
会場:ビームスT 原宿
   東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-t-harajuku

BlackEyePatch POP UP SHOP『stacks Issue 1』Reception Party
日時:2018年1月26日(金)19:00~21:00(18:00〜19:00まで準備の為、CLOSE)
DJ : KILLA TURNER aka B.D.
会期:2018年1月26日(金)-2月4日(日) ※期間中無休
会場:ビームスT 原宿
   東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-t-harajuku

related

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

BoTTがブランド初となるPOP UPを伊勢丹新宿店メンズ館にて開催

ユースを中心に注目を浴びるストリートウェアレーベルBoTTが、ブランド初となるPOP UP『BoTT POP-UP STORE in ISETAN MENʼS』を6月9日(水)〜6月22日(火)の期間、伊勢丹新 宿店メンズ館にて開催する。

コメダ珈琲店とWHIMSY SOCKSとのPOP UPがBEAMS T HARAJUKUにて開催

愛知県名古屋発祥で全国に850店舗以上を展開するおなじみの喫茶チェーン・珈琲所 コメダ珈琲店と、ソックスを中心に展開しストリート業界でも注目を集めている大阪発祥のスケートブランドWHIMSY SOCKSとのPOP UP SHOPが、6月4日(金) よりBEAMS Tにて開催される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。