Coachella 2018のラインナップが発表 | ヘッドライナーはThe Weeknd、Beyonce、Eminem

4月に開催されるアメリカのフェスCoachella 2018のラインナップが発表。近年のヒップホップ・R&B人気の影響か、ヘッドライナーは3日間ともヒップホップ・R&Bアクトとなった。

Coachellaは4/13~4/15と翌週の4/20~4/22に2回同じラインナップで開催される。1日目のヘッドライナーはThe Weekndで他に、SZAやVince Staples、Daniel Caesar、Kali Uchisなどがラインナップ。2日目は昨年産休に入ったため出演をキャンセルしたBeyonceがヘッドライナーで登場、Tyler, The CreatorやPost Malone、Brockhamptonなども脇を固める。3日目にはEminemが登場し、さらにMigosとCardi B、Miguel、French Montana、6lack、Russなどが出演する。

Coachellaは近年ストリーミング中継を行っており、現地に行かずとも楽しむことができる。

https://www.coachella.com

RELATED

Summer Walkerのアルバム『Over It』が女性R&Bアーティストの1週間のストリーミング数の最高記録を更新

先日、ついにデビューアルバム『Over It』をリリースしたSummer Walker。そんな同アルバムが偉大な記録を打ち立てた。

Tyler, The CreatorがEminemからのディスを気にしていないと語る

昨年リリースされたEminemの最新アルバム『Kamikaze』。多くの若手ラッパーへのディスを盛り込んだ同作は大きな波紋を呼び、話題となった。そんな中、彼にディスされたラッパーの1人であるTyler,The CreatorがEminemのディスは気にしていないと語っている。

2PacやEminem、50 Centなどのマスターレコードが2008年の火災により焼失していたことが判明

今から11年前の2008年6月、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス北部にあるUniversal Studios Hollywoodで大規模な火災が起こった。『Back to the Future』や『宇宙戦争』などで使われたセットをはじめ、ビデオテープや映画フィルムを収蔵する倉庫1棟が全焼するなどの被害に見舞われたUniversal Studios Hollywoodだが、実はこの火災により、多くの著名アーティストのマスターレコードが焼失していたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。