アンチの多いBig Seanが同じく批判に悩むBryson Tillerを励ます

Big Seanはインターネットで必要以上にアンチから叩かれている。様々な批判を浴びたBig Seanは同じような立場にいたBryson Tillerに批判してくる人との向き合い方についてアドバイスした。

ネットでよく「Big Seanの書くリリックは酷い」と書き込まれるのを目にする。コンスタントにきちんとした作品をリリースしながらも、心無い叩かれ方をするBig Sean。Twitterで、同じように批判を受け悩んでいるBryson Tillerに優しい声をかけた。

『True To Self』を今年リリースし、”Wild Thoughts”がヒットしたBryson Tillerはネガティブな批判に立ち向かうことを決意したという。「ヘイターに批判されたことを直そうと今まで時間を費やしてきたけど、愛してくれる人が大事だと気づいただけだった。憎しみじゃなくて愛に目を向けるようにするよ」とツイート。

来年からはポジティブな意識を持つというこの決心の言葉にBig Seanが反応。Big Seanは、「本当にそうだよ!全員を満足させることなんてできないんだ。せめて自分は満足させよう。意見やヘイトを配慮するために楽しみや愛を犠牲にする必要はない。俺もそれを学んだよ。その調子で頑張れ。2018はいい年になるよ!」と温かい賛辞励ましの言葉をTillerに向けて送った。

ポジティブに考えることへ切り替えたこの二人が来年は活躍するかもしれない。

related

Big Seanが「今ラッパー同士がビーフをすることには意味が無い」と語る

近日中にニューアルバム『Detroit 2』をリリース予定のBig Sean。そんな彼が、ラッパー同士のビーフについての持論を語り話題を呼んでいる。

『ブラックパンサー』などで知られる俳優チャドウィック・ボーズマンの死をDrake、Big Sean、Pharrell Williamsらが追悼

MARVELの『ブラックパンサー』で主演を務めたことで知られる俳優のチャドウィック・ボーズマンが8月28日、以前より闘病を続けていた結腸がんを原因に43歳でこの世を去った。スターの早すぎる死に悲しみが広がる中、ヒップホップシーンからも追悼の声が寄せられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。