『Grailed』がメンズウェアブランド売上ランキングを発表 | 1位はもちろんSupreme

メンズウェアを取り扱う転売ショッピングサイト『Grailed』が今年最も多く取引されたブランドTOP30を発表。

2017年も終りを迎え、様々な人が今年のBest&Worstを振り返り発表している。アパレル界は今年有名ブランドからたくさんの新商品やコラボがリリースされ、豊作の年となった。

メンズウェアマーケットの『Grailed』は、今年最も売れたブランドが分かるチャートを発表した。1年間を4分割し、最も取引されたブランドTOP30をリストアップ。今、一番お金にブランドは何かひと目で分かる図となっている。

grailed-chart-960x640

左の列が今年頭の取引量TOP30。右の列が今年終わりのTOP30。2016-2017を4分割し、その間どのようにそのブランドの取引量が推移したか見ることができる。1年間で取引量を増やし続けたブランドもあれば、上がったり下がったりを繰り返しているブランドもある。

Supremeは再び1位に輝いた。ストリートウェアの王座に位置するSupremeは今年も多くの著名人が身につけ、ブルックリンでの新店舗オープンや、ルイ・ヴィトンとのコラボなど話題の尽きない1年であった。まだしばらくは今の地位から動くことは無さそうだ。Supremeとのコラボによってルイ・ヴィトンの『Grailed』での売上が伸びたことも分かり、22位から12位に上昇している。

Adidasも1年を通して2位をキープ。「Kanye効果」だろう。他にもPharrellやAlexander Wangとのコラボや、他大手ブランドとのプロジェクトでスニーカーと服の売り上げを伸ばした。

Virgil Ablohも活躍した年であった。彼のブランドOff-Whiteが9位から4位へと上がった。Nikeとのコラボ『The Ten』をドロップしたのが大きな理由だ。Nike自身も6位から3位と上昇した。

あなたのお気に入りのブランドはランクインしているか『Grailed』でチェック

related

NIKEが故コービー・ブライアントの功績を称える「マンバウィーク」を展開 | 新作フットウェアも発売

NBAの歴史上に残るスーパースターで、今年悲劇的な飛行機事故により亡くなったコービー・ブライアントの功績を称えて、NIKEが「マンバウィーク」として多くのプログラムやプロダクトを展開する。

大坂なおみとNIKEが遊びとスポーツを通じて若い女性の人生を変えるプログラム『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』を設立

大坂なおみとNIKEがローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団と連携して遊びとスポーツを通じて女の子たちの人生を変えるプログラム、『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』を設立した。

NIKEが大坂なおみやミーガン・ラピノー、レブロン・ジェームズなどが登場する「You Can’t Stop Us」キャンペーンの最新ムービーを公開 | 4000本以上の映像をリサーチして制作

NIKEが現在展開中の「You Can’t Stop Us」キャンペーンのムービー第三弾を公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。