9歳の少年がTravis Scottのステージに上がり、"Goosebumps"を二人で披露

今週火曜日カリフォルニア州サンタアナで行われたTravis Scottのライブで、熱狂的なファンの少年がステージに上がり、Travisと共に"Goosebumps"をパフォーマンスした。

動画はこちら。

Travis Scott is for the children ?: @charliemordoki

A post shared by Pigeons & Planes (@pigsandplans) on


オーディエンスが少年をステージに向けてパスされている間、「気をつけろよ」と注意を促すTravis。少年がステージに上げられると、Travis は彼に"You like one of the illest motherfuckers of all time, you know that right? He's gotta be like the youngest fan to ever do this right here.(君が好きなのは史上最高のマザーファッカーだ、わかってるだろ?この子は今からこれをやる最年少のファンになるみたいだ。)"と言い、Travisは少年に曲のリクエストを尋ねている。少年が選んだのは"Goosebumps"、オーディエンスの大合唱とともに少年は興奮を隠せぬ様子でパフォーマンスを行っている。

RELATED

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。