Kendrick Lamarが曲順が逆になった『DAMN.』のコレクターエディションをリリース

本日『DAMN.』の曲順が逆になったコレクターズエディションが公式にリリースされた。以前から、Kendrick本人は『DAMN.』について「曲順を逆にして聴くのが好きだ」と話していた。

今回のリリースは、ストリーミングでの視聴にとっては大きな変化ではないだろう、しかしフィジカル盤を集めているファンにとっては嬉しいニュースだ。ジャケットにはニューデザインが用いられている。

Damn.collector's edition

Kendrickは8月のMTVのインタビューで、『DAMN.』の曲順を逆に聴くことについて以下のように語っている。

「アルバムがリリースされてから一週間ほどで、あるファンたちがこのアルバムは逆から再生できるということに気づいたんだ。それはストーリーを完全に語っている上に良いリズムを持ってたんだ。それは俺が大好きなリズムやテンポだった。俺たちがスタジオでやりたかったものはこれだったんだ。」

「アルバムのストーリーは必ずしも変わってはおらず、フィーリングが変わってるんだと俺は思う。最初から最後まで聴くと、攻撃性やそういうアティチュードが最初のバイブスになる。"DNA"(2曲目)は俺がどういう人間かっていうのをむき出しにしているんだ。でも反対に最後から聴いてみると、これは二面性のようなもので、Kendrick Lamarのもつ複雑さをコントラストとして聴くことができるんだ。これはどちらも俺のあり方なんだよ。」

『DAMN.』はKendrickのキャリアにおける最大のヒットとなっており、ダブルプラチナを獲得したことに加え、収録曲の “HUMBLE.” (1位)、“DNA.” (4位)、“LOYALTY.” (14位)、“ELEMENT" (16位)、“LOVE.” ( 18位)をHot ChartのTop20にランクインしている。

『DAMN.』のCOLLECTOR'S EDITIONは以下から聴くことができる。

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。