Lil Peepの死亡時の状況が明らかに | 遺族のためのチャリティーグッズも販売

先週21歳でこの世から去ったLil Peepの新たな死亡前の状況をTMZが明らかにしている。

警察の調書を元にTMZが報じているところによれば、Peepのマネジメントチームのある人物の証言として、Peepは当日も元気な様子で、ライブ前の午後5時45分頃にツアーバスで仮眠をとっていたという。そして同じ人物が直後に様子を見に行ったところ、Peepはいびきをかいており、問題なく呼吸はしていたという。

しかしその後別の人物がPeepの様子を伺いにいったところ、すでにPeepは昏睡状態となっていたということで、Peepは眠ったまま亡くなった可能性が高いという。

兄のOskarはPeepの死について自殺ではなくアクシデントであると強調しており、この証言が確かならば、Peepが積極的な自殺を試みたという可能性は薄そうだ。

また今週水曜日からLAでPeepと残された遺族のためのチャリティポップアップが開催される予定となっている。

jacket-1

jacket-2

このポップアップで購入できる上記のフーディーはこちらのサイトからも購入ができる。利益はPeepの母親であるLiza WomackさんとMusiCares foundationに贈られる予定だ。

related

故Lil Peepのドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』の予告編が公開

エモラップのパイオニアとしてシーンに絶大な影響を与え、2017年に21歳の若さで命を落としたLil Peep。彼を題材にしたドキュメンタリー『Everybody’s Everything』の予告編がついに公開された。

Lil Peepのドキュメンタリーの監督が「彼を俳優にしたいと思っていた」と語る

エモラップの第一人者として人気を集めながらも2017年に急逝したLil Peep。そんな彼のドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』が、テキサス州オースティンにて開催されたSXSWにて初公開された。ドキュメンタリーは名匠テレンス・マリックがプロデュースを手がけることでも注目されたが、同作の監督の一人であるSebastian Jonesが「彼を映画にキャスティングしたいと思っていた」と発言したことが話題となっている。

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。