Chance The RapperがDrakeを好きだと認めるのが恥ずかしいという人々がいると語る

Chance The Rapperが人気番組『The Tonight Show』に出演し、司会のジミー・ファロンから今週話題になったあるツイートについて聞かれている。

それが上記のツイートだ。このツイートでChanceは「朝起きてDrakeともっとDrakeと遊べたらいいのにと思う人間は、おれ一人じゃないだろう。Drakeは常にいい時間を過ごしているようにみえるよ」と述べている。

このツイートの意味を聞かれたChanceは、「おれはDrakeのことが好きなんだ」とDrakeのファンであることを認め、こう続けた。「おれはいまの時代にはDrakeのことを好きって認めるのが恥ずかしいって人たちがいると思ってるんだ。もしくは彼がやっていることを楽しむこともね」と、世の中にはDrake好きを公言できない人がいるとChanceはコメント。さらにChanceは「おれはこういうレッテル貼りには抗っていく。おれはDrakeと彼のチームに対してシャウトアウトしたいぜ」と語った。

ちょっぴりDrakeへの皮肉が混じってるともとられるかもしれない、このChanceのコメント。納得できる?

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。