Kanye Westが「Yeezy Sound」を商標登録へ | 新たなストリーミングサービスが誕生か?

Kanye WestがYeezy Soundを商標登録していることがGeniusの調べで判明した

正しくはIntend to Use(ITU)といった方法で、使用する予定がある時に申請される。本来、商標登録は使い始めた後に登録をする場合がほとんどだが、ITUでは事前に通常の審査をして問題があれば特許商標局から連絡が行くシステムとのこと。

つまり事業自体はまだ始まっていないが、なんらかのプロジェクトがすでにKanyeサイドでは動きしているらしい。

今ネット上ではこのことに関して様々な予測が立っている。可能性のある3つをピックアップして予想してみたい。

1. iPhone ゲームアプリ

話題には上がっているが未だ実現にまでは至っていないプランとしてI Phoneのアプリ「Only One」がある。Kanyeの母が天国の門から旅してくるのがアイデアの元と話しているように、トレイラーもかなり壮大なものとなっている。

2. アミューズメントパーク

Kanyeは2012年に「ポストグラミーでやりたいことは、都会で働くことかな。アミューズメントパークで働いてみたい。エンターテイメント業界を変えてみたい。」と話している。当時は、Kanyeがアミューズメントパーク建設か?のような見出しが多く立てられたようだが、この発言から5年経ってもアミューズメントパークに関する発言は少ないことから、可能性は低いとみられる。

3. ストリーミングサービス

一番有力なのがこれだ。以前FNMNLではKanye WestとJay Zの間でTidalを巡り不和が生じていることを報道した。

これに関連してKanyeが新たに自身のYeezy Soundの名前をつけたストリーミングサービスを開始するのではないかという噂が流れている。独占配信の形に疑問を抱いていたKanyeはエクスクルーシブ契約は結ばないと発言しており、より自分の考えを反映した、Apple MusicやSpotifyにつぐ新たな音楽コンテンツの登場になるのだろうか?

Kanye Westのこのミステリアスな商標登録、一体裏ではどのようなビジネスが展開されているのだろうか?気になるところである...

related

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。