最新作『エンドレス・ポエトリー』公開を記念してアレハンドロ・ホドロフスキーの特集上映が開催 | 『エル・トポ』や『ホーリー・マウンテン』など全6作

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の待望の最新作『エンドレス・ポエトリー』が、11/18から全国公開されるのにあわせ、アップリンク渋谷や京都みなみ会館などで、86歳にして進化を続けるホドロフスキー監督の特集上映が開催される。

今回の特集上映では、監督の代表作で公開当時にジョン・レノンが惚れこんで配給権を買った伝説のカルトムービー『エル・トポ』をはじめ、『ブレードランナー2049』にも影響を与えるなど、あらゆる SF 映画の元ネタとなった未完の伝説映画『DUNE』をめぐるドキュメンタリー『ホドロフスキーの DUNE』、23 年ぶりの新作だった前作『リアリティのダンス』など全6作を上映する。

jodorowsky's_main
『エル・トポ』(C)2007 ABKCO films
【エル・トポ】sub2
『エル・トポ』(C)2007 ABKCO films
DUNE_main
『ホドロフスキーの DUNE』(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED
【ホーリーマウンテン】スチールmain
『ホーリーマウンテン』(C)2007 ABKCO films
リアリティ_main
『リアリティのダンス』(C) photos Pascale Montandon-Jodorowsky (C) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE

 

また劇場未公開の映像として最新作『エンドレス・ポエトリー』のメイキング映像、ホドロフスキー監督の独占インタビュー映像も特別併映する期間中はスタンプラリーも実施、『エンドレス・ポエトリー』含む4作品を鑑賞すると先着数量限定でホドロフスキー直筆イラスト入りきんちゃく袋(非売品)がプレゼントされる。

Info

ホドロフスキー特集
詳細 http://www.uplink.co.jp/movie/2017/49382

■日時:2017 年 12 月 2 日(土)~12 月 29 日(金)(各劇場により異なります)
ン・ホドロフスキーが“ドクロ軍団”を引き連

■劇場:アップリンク渋谷ほか全国順次公開

■上映作品(各劇場により異なります)
『エル・トポ』「ホドロフスキー監督インタビュー映像」(約 30 分) 『ホーリー・マウンテン』『エンドレス・ポエトリー』メイキング映像(約 30 分) 『サンタ・サングレ/聖なる血』『ホドロフスキーの DUNE』 『リアリティのダンス』『ホドロフスキーの虹泥棒』

※京都みなみ会館(12/2~15)※神戸・元町映画館(12/16~22)※大阪・シアターセブン(順次公開)

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。