店内でレコードを販売するイギリスのスーパー『セインズベリーズ』がレコードレーベルを設立

レコードリバイバルが本格化しているイギリスの大手スーパーマーケットチェーン『セインズベリーズ』が、店内でレコードを販売しだしたのが昨年の3月のこと。そして早くも昨年6月には、イギリスで最も多くのレコードを販売している店舗になったが、今度はなんと自身でレコードレーベルを設立してしまった。

セインズベリーズはUniversalとWarner Musicというメジャー2レーベルとコラボレーションした2枚のコンピレーションを第一弾リリースでは用意している。

1枚は『Coming into Los Angeles - A Taste of West Coast』と名付けられたコンピレーションでFleetwood MacやJudee Sillの音源を収録、『Hi Fidelity - A Taste of Stereo Sound』と名付けられたもう1作にはRoxy Music、Tangerine Dream、Brian Enoなどのアーティストの楽曲が収録される。

レーベル設立について、セインズベリーズの広報は「私たちの顧客はレコードを愛し続けていて、その気配は衰えることがない。名作と一緒に他のショップでは見つけられないオリジナルなものを提供したい」と語っている。

今後もセインズベリーズはレーベルからオリジナルの作品をリリースしていく予定だという。

related

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。