カリフォルニアを襲った火災で数億ドル相当の大麻が焼失

先週からカリフォルニアで相次いで野火が発生している。熱い気候と乾燥の影響で、農場を焼き尽くす大規模な火災が広がった。娯楽用マリファナ合法化が始まり、大麻栽培に動き出していたカリフォルニアでは、今回の火災で数億ドル相当の大麻農園が燃え尽くされてしまったようだ。

今月8日から9日にかけてカリフォルニアで発生した山火事。乾燥していた空気のため驚くほどのスピードで野火が広がり地元の農場を襲い、2万人が避難、31人が死亡した。

ワインの産地で有名な北カリフォルニアだが、大麻が合法とされており、来年1月からは娯楽用マリファナが販売解禁も控えていることを受け、大麻農園の数が増加している。北カリフォルニアでは多くのワイン農家が大麻農園に切り替えているとのこと。理由は大麻農園の方が利益が出るからである。1エーカー分の広さのブドウ畑で約35万ドルの利益があると言われているが、大麻の場合だと約110万ドル稼げるという。カリフォルニア州内には現在1万~1万5000の大麻農園があり全米で消費される大麻6割を生産していると言われている。

地元の大麻栽培農園にとって今回の火災は最悪の被害となった。多くの大麻栽培農園が焼失被害を受け、燃え尽くされてしまった農園も次々と報告されている。カリフォルニア州内では合法となった大麻だが、米連邦政府が違法としているため、大麻農家は火災保険を受け取れず、泣き寝入りを迫られている。今回の被害で農場と家を両方失った農家も多いそうだ。

娯楽用大麻販売解禁三ヶ月前で、本格的な刈り入れの直前だった大麻産業にとっては大打撃である今回カリフォルニアを襲った火災。損失は大きく、数億ドル相当の大麻が被害を負ったと報道されている。しかし大麻農園は米国内にかなりの数あるため、来年の大麻の価格に影響が出るようなことは無いとのことだ。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。