Facebook上でレコードをオススメしてくるメッセージに「Yes」と返信するだけで購入できる『The Sound of Vinyl』

Facebookのメッセージ機能で、ユーザーにレコード盤をオススメし、「Yes」と返信するだけでそのレコードが家に届くサービスが始動。

ユニバーサルミュージック(UMG)が運営する、レコード盤オンライン販売サイト『The Sound of Vinyl』。新たにユーザーとFacebookのメッセージ機能を介して直接やりとりをし、おすすめのレコードや、ユーザーの音楽のテイストを学習するサービスを発表した。

『The Sound of Vinyl』から来るオススメのレコード盤を紹介してくるメッセージに、「Yes」と返信するだけで、あらかじめ登録しておいた住所やクレジットカード情報などをもとに、一週間以内に自宅にレコード盤が届けられる。

また、オススメしてきたレコードに「Yes」と答える以外にも「Like(好き)」、「Dislike(嫌い)」「Own(すでに持っている)」と返信することで、『The Sound Of Vinyl』は各ユーザーの音楽テイストを学習し、さらにユーザーに適したレコードをオススメできるようになるそうだ。

「レコード盤に好奇心を持つ人が爆発的に増えてる。そんな中でUMGの副社長Michele Anthonyが、昔の会員制のレコード販売システムをもっと現代的にアプローチしたようなこのアイディアを思いついた」とCEOのBruce Resnikoffは語る。

公式ページはこちら

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

レコードの売り上げが1986年以来初めてCDの売り上げを超える可能性が浮上

音楽を聴く媒体は時代によって変化してゆくもの。LPからカセットテープ、MD、CDなど様々なフォーマットに続いてストリーミングサービスが主流となった昨今だが、やはりレコードは根強い人気を誇っているようだ。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。