『ストレンジャー・シングス』シーズン2のサウンドトラックがLPレコードとカセットテープでリリース決定

NETFLIXで配信されているアメリカの人気テレビドラマシリーズストレンジャー・シングス』。10/27からシーズン2の配信が始まるのだが、サウンドトラックのレコード盤とカセットテープが発売されることが決定した。

シーズン2の配信より一足先に10/20から、サウンドトラックのデジタル版がリリースされ、追ってCD、レコード盤とカセットテープが発売されると発表された。

サウンドトラックを手がけるのはシーズン1同様、米テキサス州のシンセバンドSURVIVEのKyle DixonとMichael Stein。34曲収録され、Invada RecordsとLakeshore Recordsからリリースされる予定。

「シーズン2では作曲に新たなスタイルで挑みつつ、ところどころ昔のテーマにも回帰している。ドラマのストーリーをサポートする新たな要素を作りつつ、シーズン1のサウンドにも忠実であり続けたい」とSURVIVEのDixonとSteinは語った。

彼らが手掛けたストレンジャー・シングス 未知の世界シーズン1のサウンドトラックは、第59回グラミー賞「最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム」にノミネート。シーズン1のサウンドトラックもLPレコードとカセットテープ版がリリースされており日本国内でも発売された。

シーズン2のサウンドトラックに収録される新曲”Walkin’ in Hawkins”はこちらからストリーミングできる。

ST2 Digital Cover Art

RELATED

レコードの売り上げが1986年以来初めてCDの売り上げを超える可能性が浮上

音楽を聴く媒体は時代によって変化してゆくもの。LPからカセットテープ、MD、CDなど様々なフォーマットに続いてストリーミングサービスが主流となった昨今だが、やはりレコードは根強い人気を誇っているようだ。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。