Jazzy Sport、カクバリズム、SUMMITのアーティストとGRAND KIRINのコラボレーション企画が始動 | 第一弾ではオリジナルグッズをプレゼント

FNMNLがプロデュースするスペシャル企画が始動する。クラフトビールブランド「GRAND KIRIN」の新テイストWHITE ALEの発売を記念し、Jazzy Sport、カクバリズム、SUMMITという3レーベルのアーティストとコラボレーションしたキャンペーン『3Labels on tap』が、2017年10月2日よりスタート。

この企画は「音楽とクラフトビール」がテーマ、GRAND KIRINの「IPA」「JPL」「WHITE ALE」という3つの味をそれぞれのアーティストたちが思い描き楽曲を制作する。

参加アーティストはJazzy Sportからはgrooveman Spot、カクバリズムからはVIDEOTAPEMUSIC、SUMMITからはVaVaが登場する。

気になる楽曲の詳細は中旬に発表予定で、第一弾としてオリジナルグッズが当たるSNSキャンペーンがスタート。それぞれのレーベルのロゴが刻印されたオリジナルビールグラス(1種類)と、イラストレーターのToyamegの描き下ろし作品を用いたオリジナルトートバッグ、さらにGRAND KIRIN 3本 (「IPA」「JPL」「WHITE ALE」)を、15名様にプレゼントする。

glass

tote

3bottles

応募方法はこちら。

【Vol.1 キャンペーンツイートRTでオリジナルグッズが当たる! 】

期間:10月2日(月)〜10月18日(水)

オリジナルグッズ(画像)

  1. “3Labels on Tap”オリジナルグラス
  2. “3Labels on Tap”オリジナルトートバッグ

GRAND KIRIN 3本 (「IPA」「JPL」「WHITE ALE」)

応募方法

1. FNMNLの公式アカウントをフォロー

2. 以下のキャンペーンツイートをRT

*当選者の方にはTwitterのDMよりご連絡いたします。

注意事項

・本キャンペーンは日本国内にご在住の20歳以上の方のみご参加いただけます。

・Twitterアカウントが非公開設定の場合は抽選対象となりませんので、公開設定にご変更をお願いいたします。

応募期間

2017年10月2日(月)11:00 〜 2017年10月18日(水)23:59

賞品内容

“3Labels on Tap”オリジナルグラス

“3Labels on Tap”オリジナルトートバッグ

GRAND KIRIN 3本

当選者数

抽選で15名様

また本日からSpotifyで3レーベルの楽曲から、FNMNLがチョイスしたスペシャルプレイリストも展開中、ぜひこちらもチェックしてほしい。

RELATED

『EDC JAPAN 2019』でVERDYがプロデュースする移動式ステージが登場 | 国内外のゲストの飛び入りも?!

5/11(土)と5/12(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』。Major LazerやSkrillexなどを中心にしつつ今年はFutureやAwich、kZmからPeggy Gou、Marcel Dettmannなど多彩なアーティストが出演するビッグフェスと、「Girls Don‘t Cry」や「WASTED YOUTH」などのプロジェクトで世界的に注目を集めるVERDYとのコラボレーションが決定した。

LIQUIDROOMの15周年記念イベントシリーズで前野健太と5lackの2マンやカクバリズムの夏祭り、中村佳穂のワンマンなど6公演が決定

東京・恵比寿に移転して15周年となるLIQUIDROOMのアニバーサリーシリーズとして、すでに解禁されている9mm Parabellum Bulletの公演とThe Birthdayによるライヴに続いて6公演が解禁となった。 8/23(金)には親交が深い前野健太と5lackの2マンライヴを開催...

C.O.S.A.が新曲“Death Real”をサプライズリリース

C.O.S.A.が今日、制作中のニューアルバムから“Death Real”をサプライズリリースした。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。