メジャーリーグの始球式にWiz Khalifaが登場 | マウンドでマリファナを吸うジェスチャーを行いMLBはお怒り

日本では野球試合の始球式に様々な俳優やアイドルが登場するが、アメリカでもそれは同様。プロ野球チーム、パイレーツの始球式にWiz Khalifaが登場した。しかし、ボールを投げる前にWiz Khalifaはマリファナを吸うジェスチャーを行い、MLB側はお怒りの様子だ。

メジャーリーグ所属のペンシルバニア州の野球チーム、ピッツバーグ・パイレーツの始球式に現れたのは同州出身のWiz Khalifa。胸に緑の字で「LEGALIZE IT(合法にしろ)」と書かれたTシャツを着て登場。マウンドでWiz Khalifaはボールを投げる前にマリファナを吸うジェスチャーをした。

このWiz Khalifaの行動をMLB(メジャーリーグ)は快く思わなかったようだ。パイレーツの記者Rob BiertempfelはTwitterにMLBの声明を発表。今回の Wiz KhalifaのジェスチャーについてMLBは「マリファナは薬物の中でも違法なものである。今回起こったことを残念に思う。パイレーツも我々に、このようなことは起きてはいけないことであったと告げている」と言及したとのこと。

マリファナ合法化の提唱者で有名なWiz Khalifa。独自のマリファナブランド『Khalifa Kush』を販売したり、大麻育成ゲーム『ウィズ・カリファの大麻農場』をスマートフォン向けのアプリとしてリリースもしている。

Wiz Khalifaは今回のMLBの声明に対しては何も言及していない。だがMLBの声明が発表された後に、Wiz Khalifaはある記事へのリンクをTwitterでシェア。その記事は、先月イベントでWiz Khalifaがマリファナ合法化についてのセミナーを行ったことについてのレポ記事。「マリファナがお酒と同じような扱いになる未来が見える」彼はそのセミナーで主張していたと書かれており、今回の始球式での行動を避難する人々にこの記事を読んでほしくて、リンクをシェアしたのかもしれない。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。