井の頭レンジャーズが曽我部恵一、小島麻由美、G.RINAなどをフィーチャーした初の唄モノアルバムをレコードでリリース

現在の日本で一番7インチリリース数の多い最高にルードなオーセンティックなロックステディ・バンド、井の頭レンジャーズ。これまで7インチのみでリリースしてきた、大人気のコラボレーション・シリーズがついにLPでリリースされることになった。

これまでに井の頭レンジャーズのコラボレーションシリーズではボーカリストとして曽我部恵一、小島麻由美、G.RINA、asuka ando、かもめ児童合唱団、ソフィア真奈里らが参加してきたが、それらの人気楽曲がすべてニューミックス(一部はアレンジも変更)、全モノラル・マスタリングでLPとしてリリースされる。ジャケットは新進気鋭のイラストレーターオートモアイを起用した。アルバムのダイジェストがSoundCloudで聴くことができる。

アルバム『SINGS!』は東洋化成が主催する「レコードの日」である、11/3に発売されることになっている。

Info

井の頭レンジャース

アーティスト:井の頭レンジャーズ
タイトル:SINGS!
レーベル:PARKTONE RECORDING SERVICE
品番:PARK1013
フォーマット:LP
一般販売価格:3,200円(税抜)
発売日:2017年11月3日(金)

トラックリスト:
Side A
1. ラヴ・スコール 唄:ソフィア真奈里
2.天使の誘惑 唄:小島麻由美
3.グルーヴ・チューブ 唄:曽我部恵一
4.思い出のロックンロール 唄:かもめ児童合唱団
5.シャ・ラ・ラ 唄:asuka ando
6.プラスティック・ラブ 唄:G.Rina

Side B
1. 赤い風船 唄:小島麻由美
2.ダイアナ 唄:ソフィア真奈里
3.愛のさざなみ 唄:asuka ando
4.すばらしいさよなら 唄:かもめ児童合唱団
5.ロック・ユア・ボディー 唄:G.Rina
6.ボーン・スリッピー 唄:曽我部恵一

9/29(金)正午より 全国のレコード店及び、東洋化成ディストリビューションオンラインでも予約受付中
https://toyokasei.thebase.in/items/8416113

related

【インタビュー】G.RINA 『Tolerance』 | 自分も他者も受け入れること

G.RINAが6月にソロアルバム『Tolerance』をリリースした。ZEN-LA-ROCK、鎮座DOPENESSとのユニットFNCYでの精力的な活動と並行して、制作が進められた4年ぶりのアルバム。G.RINAがこれまで触れてきた様々な音楽を、自分の中の距離感で解釈した、懐の広いしかし極私的なサウンドに、多彩なゲストを交えて作られた本作は、タイトルが意味する「寛容であること」を地でいく内容となっている。

G.RINAと一十三十一による初の2マンイベント『Late Late Summer』がWWW Xで開催

G.RINAと一十三十一による初の共演イベント『Late Late Summer』が、9/22(水)に渋谷のWWW Xで開催される。

曽我部恵一が新曲“Emotional”をリリース|限定プレスの7インチも発売

曽我部恵一が新曲“Emotional”を今夜0時にリリース。配信に先駆け、リリックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。