LAの新興ブランドmindseekerとVANSのコラボスニーカー

2016年に設立された、LAを拠点とする謎の多いブランドmindseekerが、VANSとのコラボスニーカーをリリースする。

17080913460

17080913467

17080913472

特徴となる稲妻をモチーフとしたグラフィックはロックテイストから大きなインスピレーションを得ている。また、かつてモータースポーツのユニフォームに稲妻柄が用いられていたという点もあり、チェッカー柄のソールが用いられている。

このコラボスニーカーはmindseeker取り扱い店(cherry Fukuoka , Monkey time , idea by Sosu , JACK IN THE BOX)の4店舗で10/7に発売予定。mindseekerのオフィシャルサイトでは10/2に先行発売をされる予定だ。

 

related

MIN-NANO/TOXGOの中津川吾郎ディレクションのVANS 「HOLIDAY GIFT」 SUEDE PACKが登場

Vans Japanから2022年のホリデーシーズンを締めくくるオールスエードのパッケージが登場した。

StüssyとNikeのコラボレーションでAir Penny IIが登場

1996年に初登場したAir Penny IIが、StüssyとNikeのコラボレーションモデルとして発売される。

Stone Islandからサッカー、グライム、UKロックから着想を得たスニーカーが登場

Stone Islandから3種類の新作スニーカーが登場した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。