Cardi Bの"Bodak Yellow"のヒットの背景にはストリーミングサービスのプレイリストの存在が

元ストリッパーの肩書きを持ち、リアリティ番組で注目を集めたCardi Bの"Bodak Yellow"が今なお大ヒット継続中である。

今週のビルボードシングルチャートでも2位を守り、この爆発的ヒットはもはや社会現象であると言えるだろう。このヒットの背景についてビルボードはApple MusicやSpotifyらにインタビューを行ったている。

スクリーンショット 2017-09-20 13.30.48

 

Apple Musicのアーティスト情報収集部門のトップであるCarl Cheryは「ここ2.3年で気づいたことがあるのだが、時折違うところからエネルギーを持ったアーティストが現れてはチャートを登っていくことについてだ。それはヒットというよりむしろ時代の節目だと感じとれる」と話す。

またCardi BのレーベルAtlantic Recordsのブラックミュージック部門代表であるMichael Kyserは「ラジオは今でも音楽業界に強い力を持っているが、AppleやSpotifyやTidalがストリーミングサービスをする限りは、今のところ少しずつ違うことを始めている」と話した。

やはりストリーミング産業が台頭するにつれヒットチャートの中でも少しずつ大きな変化が訪れているようだ。

Apple MusicもSpotifyも双方とも共通してプレイリストに"Bodak Yellow"を入れた瞬間にCardi Bのフォロワーや再生回数が爆発的に増えたと話した。特にSpotifyではRap Caviarという750万人のフォロワーを要するプレイリストの影響が大きいようだ。

Apple Musicの場合はリリースされた週に「Breaking Hip-Hop」というプレイリストに収録したところユーザーの反応が大きかったため、翌週にはさらに大きなA-List Hip-Hopというプレイリストに入れたところ、さらにストリーム数は増えていき、8月で最も再生された楽曲となった。

Spotifyのグローバル部門代表であるTuma Basaは「彼女の再生回数の伸びは綺麗なスキー場のような軌道だった。バニーヒルでも崖でもなく安定したヒットをしていったんだ。」と述べ、ヒットさせようとしたのではなく極めて自然の力でヒットしたことを語った。

インターネットの発達により個人で好きな曲を探すという行為がとても簡単になったと感じる人は多いだろう。好きなジャンルで曲を探したい人にとってプレイリストは非常に大きな仕事を担っている。自分で曲を探せる時代だからこそプレイリストが音楽業界に与える影響は大きいのだろう。

"Bodak Yellow"は本日、Kodak Blackをフィーチャーしたリミックスが公開。そもそも"Bodak Yellow"自体がKodakの楽曲"No Flockin"のフロウを使用しているということもあり、本家との共演という形だ。このリミックスのリリースで"Bodak Yellow"にさらなる勢いがつくことは間違い無いだろう。

related

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。