アメリカのティーンがどうやって音楽を聴いているかを調査したアンケート結果が発表

アメリカの音楽関連の調査会社MusicWatchが、13歳〜17歳を対象に、どうやって音楽を聴いているかを聞いたアンケート結果が発表された。

music_survey_1000w

上が結果の円グラフとなっている。さすがストリーミング大国のアメリカらしく、41%のリスナーがストリーミングサービスを使用していると回答。ストリーミングサービスにはSpotifyやApple Musicをはじめ、Youtubeも含まれる。

次にくるのは意外なことにデジタルダウンロードで20%となっている。ダウンロードは退潮気味と言われているが、まだまだ主要な方法ということが、この調査からは判明した。

AM/FMラジオに続いてソーシャルメディア上で聴くという層もなんと7%も。フィジカルメディアであるCDとレコードを合わせてもソーシャルメディア上で聴く層に届かない結果となっている。

アメリカのティーン層にとっては、音楽は完全にデジタルフォーマットで聴くものになったという結果がこのアンケートからは見えて来る。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

「新型コロナウイルスの影響でストリーミングサービスの再生回数が減少している」との調査結果が発表

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスことCOVID-19。一部の国では他者との濃厚接触を避けるために外出制限がなされ、音楽を始めとするエンターテイメント産業への影響も指摘されてきた。一方でユーザーが自宅にいる時間が増えることで音楽ストリーミングサービスにとっては利用時間を増やすチャンスとなるのでは、との見方も存在していたが、そんな中COVID-19がストリーミングサービスにも打撃を与えていることを明らかにする調査が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。