KANGOLの2017FW LOOKが公開 | DONY JOINTやIRUKAが登場

75年以上の歴史を持ち、イギリスのクラシカルな意思を受け継ぎつつ、ニューヨークのヒップホップシーンと融合してきたKANGOLの2017FW LOOKが公開となった。

2017年秋冬はブランドのアイコンともいえるハンチング“504”、“507”、“SPITFIRE”、“GALAXY”など帽子の後部についているカンゴールロゴをフロントで被るスタイル「BACK TO FRONT」を提案する。

ハンチング類の他に定番のベルハット“CASUAL”、ベレー帽“MONTY”や“JAX BERET”をウール、ファーゴラ、ファー、ニットの秋冬素材を使って展開を行う。

LOOKにはKANDYTOWNのDONY JOINTやIRUKAなどが登場、ムービーはIOやYOUNG JUJUも参加する映像制作チームTAXi FILMSが制作した。

001581880002

001581920027 001581940001 001581940019 001581940021 001581940034 001581990003 001581990009

001581990010 001581990012

001581990028 001582000010

001582000031

 

【STAFF CREDIT】
DIRECTION_TAXi FILMS
PHOTOGRAPHER_KISSHOMARU SHIMAMURA
MODEL_DONY JOINT (KANDYTOWN), IRUKA, TOMMY, YUSAF
MUSIC_NEETZ (KANDYTOWN)

【問い合わせ先クレジット】
Kurihara Corporation
TEL:0120-810-041
KANGOL Official HP : http://kangol.jp/
KANGOL Online Store: http://kangol.jp/store/

RELATED

KANGOLがkZmやGottz、Meirinなどを起用した2019FW LOOKを公開 | KANGOLDAYのアニバーサリーキャンペーンも

1938年にブランドがスタートしたKANGOL。現在のKANGOLのアイコンとなっているカンガルーロゴが誕生したのは1983年のこと。このマイルストーンの年を祝して毎年3/8と8/3はKANGOLDAYとして記念日となっている。

KANGOLの2019SSルックに唾奇、LISACHRIS、Campanella、VaVaが登場 │KANGOL HEADWEAR TOKYO1周年を記念したアニバーサリーパーティも開催

1938年に英国北部で生まれ英国伝統の意思を受け継ぎ、ニューヨークのストリートでヒップホップと最先端ストリートをファッションに融合し続けてきたKANGOLから、2019年春夏のコレクションとして“BERMUDA CASUAL”、“504 HUNTING”、“GALAXY”などKANGOLの象徴となる型がカラーバリエーション豊富に展開される。

KANGOL Headwearが2018AWコレクションのLOOKを公開 | モデルにはYouthQuakeやYUKI&SAKURAが登場

80周年を迎えたKANGOL Headwearが、2018AWコレクションのLOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。