大ヒット中Cardi Bの"Bodak Yellow"を地理の授業で使用して、生徒がぶち上がり

Cardi Bの大ヒットチューン"Bodak Yellow"の勢いが止まらない。最新のBillboardチャートでも第3位を記録し、引き続きCardi Bにとっての過去最高位にランクインしている。

そしてそんな大ヒットチューンを地理の授業に使用した先生が現れた。NYの塾Langston Leagueの創立者のErica先生は、地理の授業で経度と緯度の説明をする際に、"Bodak Yellow"の替え歌を使用したところ、生徒たちは大興奮となってしまった。

先生のラップスキルが上手いということもあり、かなり子供達はぶち上がってしまっている。逆に授業が耳に入っているかどうかが不安に残るほどである。

これまでもMigosの"Bad and Boujee"を歴史の授業に応用する先生や、人気ラッパーたちが学校教育の大切さを説くビデオに出演するなど、アメリカではラップシーンはしっかりと教育現場まで根付いている。

related

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が本日発売

ReebokとCardi Bの新コレクション『Reebok Club C Cardi』が10月12日(月)よりReebokオンラインショップにて発売される。

BLACKPINKとのコラボ曲“Bet You Wanna”をリリースしたCardi Bが「クリーンなリリックを書くのは難しかった」と語る

先日リリースされたBLACKPINKのニューアルバム『THE ALBUM』。世界トップのガールズグループのアルバムとあって大きな注目を集めており、中でもCardi Bとのコラボ曲“Bet You Wanna”は特に話題を呼んでいる。そんな中、Cardi Bが同曲に提供する自身のヴァースを振り返っている。

Cardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”をディズニーの映像と合わせたパロディ動画が登場

当代きってのフィメールラッパー二人によるコラボ曲として大ヒットを記録しながらも、あまりに性的なリリックによって物議を醸したCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。今回、そんな同曲とディズニーの名作アニメ映画を組み合わせたファンメイドの動画が公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。