差別的なグラフィティを楽しい絵に塗り替えるストリートアート集団 #PaintBack

人を不快にさせる差別的なグラフィティ。ドイツでは、いまだにナチスのマークであるハーケンクロイツのグラフィティを所々で見かける。そんなヘイト溢れる不快なグラフィティに上から絵を足して、愛のある楽しいグラフィティに書き換える集団がベルリンにいる。

鉤十字のマークは西欧諸国ではヒトラーのナチスを意味し、差別的なマークとして認識される。このナチスのシンボルを描くことは差別主義を意味し、ドイツでは未だに根強く残る問題である。

2D5E25BA00000578-3270819-image-a-90_1444748301647

ベルリンにあるグラフィティ・アートショップ『Legacy Store』はグラフィティは楽しいものを拡散する言語だと主張している。ヘイトを広げるだけのハーケンクロイツのグラフィティを失くすために彼らは行動を起こした。彼らはただナチスのシンボルを消してまわるのではなく、上から絵を描き足して、楽しいストリートアートに変えていく。

鉤十字のマークに、線を足し、色を足し、花や動物のキャラクターなど可愛らしい絵に変身させる。

Screen-Shot-2016-05-01-at-23.00.42_eff89a5985a475378cd3170917df5aaf

上から塗り替えてヘイトを楽しいメッセージに変えてしまう、この運動を#PaintBackと名付け、『Legacy Store』のオーナーを始めとし、様々な若いアーティストがベルリンで行動を起こしている。彼らのモットーは「ヘイトのメッセージに愛で答える」。

彼らが#PaintBackを始めたのは、あるお客さんが、公園に描かれたハーケンクロイツのマークを塗りつぶすために『Legacy Store』にスプレー缶を買いに来たことがきっかけ。『Legacy Store』のオーナーは「俺がなんとかするよ」と答え、その後仲のいいストリートアーティスト達を連れて行き、そのハーケンクロイツのマークを大きな蚊のストリートアートに変身させた。

CqUe4EDXYAQRR9B

それがクチコミで広がり、ナチスのシンボル、ハーケンクロイツのマークを見つけると彼らに報告が来るようになり、次々と描き変えていったのが#PaintBackのはじまり。#PaintBackの活動はいっきにベルリン中、そして他のドイツの都市にも広がり模範者が現れ始めたという。

ドイツは現在難民問題に直面している。ドイツは2015年以来、中東などから100万人以上の移民・難民を受け入れてきた。絶えない難民への襲撃や、ナチスに近いネオナチと呼ばれる思想。移民反対主義のステッカーが街中に貼られたりもしている。

ヘイトや恐怖の象徴が描かれた街を変えるために#PaintBackのムーブメントは続く。

RELATED

12歳のラッパーLil C-Noteがモール内でCDを販売したことで複数の罪に問われる

昨年10月、ショッピングモール内で警察に腕を掴まれ口論になっている動画が広く拡散された12歳のラッパーLil C-Note。そんな彼が、現在複数の重い罪に問われ危機に瀕している。

ニューヨーク市が髪型による差別を禁止するガイドラインを設置か

ニューヨーク市人権委員会が、髪型での差別を禁止する新たなガイドラインを設置しようとしている。

Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。