Travis Scottが2枚のアルバム制作のためにしばらく姿を消すと話す

Travis Scottは今年中に2枚のアルバムをリリースすることを示唆してきたが、いよいよその制作に集中するモードに入ったようだ。

カリフォルニアでのライブに出演した際にTravisは、3rdアルバムの『Astroworld』とMigosのQuavoとのコラボ作に集中するため、しばらく姿を消す、数週間か、数ヶ月か」と述べた。さらに「この2作はすぐにリリースされる」とも加えた。

しかしTravisは2ndアルバムの『Birds in the Trap Sing McKnight』リリース前から、『Astroworld』については語っており、実際どの段階にまできているのかはわかっていない。

Travisは以前『Astroworld』をリリースした後は、建築の勉強をしたいとも語っており、この制作が終わったら、本当にしばらくTravisの姿を見ることができなくなる可能性もある。

 

RELATED

Travis Scottの“Sicko Mode”の構造とダブの関連性を解説した動画が公開

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。そのリード曲である“Sicko Mode”は3種類のビートをスイッチする構造や独特なサウンドでシーンに大きな影響を与えたが、そんな同曲の構造を丁寧に解説する動画がVoxから公開された。

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。