Kendrick Lamarがなぜトランプ大統領についてあまり触れないのかを明かす

Kendrick LamarがRolling Stoneのインタビューでこれまでトランプに関して言及せず直接批判してこなかった理由を語った。

インタビューでなぜトランプについて発言しないのかと質問されると、Kendrick Lamarは「死んだ馬に鞭打つようなもんだ」と答えた。「もうどういうやつなのか分かりきっている。ただそれについて言い続けるのか、行動を起こすのかどっちがいい?」と語るKendrick Lamar。「批判は無駄な労力を使い、ばかばかしいことについて話し合ってもエネルギーを奪われるだけだ」とのこと。

「アルバム上でもそれ以外でも、俺は責任を持って自分のコミュニティで行動を起こす。アルバムでは周りの世界では何が起こっているかについては触れなかった。まずは自分についてからだ、そこから変わり始める。」と曲中でトランプのポリシーについて具体的に論争するのではなく、まずは自己反省と自負から考えることで物事を自分の変えたい方向へ変えていくと語った。

他にもこのインタビューでラッパーがゴーストライターを雇うことについても言及。他の人に歌詞を書いてもらうラッパーをどう思うかと質問に、「どの土俵に自分を置くかによる」と解答。「俺は自分のことをベストラッパーだと呼ぶが、もしゴーストライターを雇っていたらベストラッパーだと名乗れない。他の土俵のアーティストだと自分を分類し、ベストラッパーを目指している人じゃなければゴーストライターを雇ってもいいんじゃないか」と、ゴーストライターを雇うアーティストはラッパーという土俵に属さないと発言した。

Kendrickは以前、ゴーストライターを雇っているとEminemに疑われ、目の前でバースを書かされレコーディングに入ったことがある。疑いは晴れ、「Kendrickはゴーストライターを使っていなかったし、ベストなラッパーに間違いない」とEminemに賞賛された。

 

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。