Youtubeで最も再生されているビデオ、Wiz Khalifaの"See You Again"の権利を持てるチャンス

先日Wiz Khalifaの"See You Again"がPSYの"江南スタイル"を超えて、Youtubeで最も観られているビデオになったことをお伝えした。

ミュージックビデオが現在までで約30億回再生されている、"See You Again"。そんなモンスターヒット楽曲の権利の一部を持てるチャンスが巡ってきている。

現在こうした楽曲のロイヤリティーなどをオークションできるサイトRoyalty Exchangeで、同曲のバックシンガーの1人が自身が保有するロイヤリティーをオークションにかけているのだ。

これはこのバックシンガーのアメリカでの演奏者としてのロイヤリティー全てと、インターナショナルの使用料のうちの30%をかけたものとなる。現在の最高価格は3万4000ドルとなっている。過去12ヶ月でこのバックシンガーは1万1000ドル強を得ており、今後も定期的に発生するだろうロイヤリティーを考えたら、お得な価格といえるだろう。

もし興味とお金がある方は入札してみては?

 

related

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

自宅待機の中Snoop DoggやWiz Khalifaらが大麻デーである4月20日を祝福|タイトルが大麻を意味するDr. Dreの名作『The Chronic』もストリーミング解禁

毎年4月20日は大麻を意味する「420」に因んだ大麻の日。マリファナを愛する多くのヒップホップアーティストたちがこの日を祝福するのは毎年の恒例行事となっている。アメリカでは現在新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅待機を強いられているが、そんな中で今年も様々なアーティストが各々のやり方で4月20日を祝っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。