Grandmaster Flashが自身のレコードコレクションの大多数はデート相手にもらったものだと明かす

DJカルチャーやヒップホップの創始者の1人であるGrandmaster Flash。彼が同時代のライバルより優れていた点として、DJプレイで使用していたレコードコレクションの幅広さがあげられる。

彼は誰も知らないドラムブレイクがあるレコードを保有し、しかもそのレコードラベルを隠すことでクラブで、ライバルにコレクションを盗み見られても問題ないような状態にしていたのは有名な話だ。

そんなレジェンドがレコードコレクションをどのように手に入れたかを、amNYのインタビューで明かしている

インタビューによるとFlashは、もちろん地元NYのレコード屋にも行っていたが、「誇れることじゃないけど、私のレコードコレクションの大多数はデート相手にもらったものだ」と話す。

「デート相手が両親に会ってほしいということで、相手の家のディナーに招待されるとしたら、私は両親に「家にいらないレコードを寝かせていないですか?」と聞いていたんだ」とFlashは続け、「両親が『クローゼットに大量に眠ってるよ、私たちはあんなゴミはいらない』と言ってくれたら、レコードを見に行って、その山のようなレコードを前に息を弾ませながら『ショッピングカートを家に取りに行っていいですか?このレコードを全部聞きたいんだ』と答えていた」と手法を赤裸々に話した。

今すぐ伝説的なレコードコレクションを作りたい方は、この手法を試してみては?

 

related

THE NORTH FACE STANDARDからレコードバッグの新型が登場

THE NORTH FACE STANDARDから、オリジナルレコードバッグの新型BC CRATES 12と、BC CRATES 7が、8月23日(月)より発売される。

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。