cero主催の夏祭りイベント『Traffic』最終ラインナップ発表

いよいよ開催が来週に迫ったcero主催の夏のお祭りイベント、『Traffic』の最終ラインナップが発表された。

新たに追加されたのは、King Gnuの中心人物でクラシック、ジャズ、ビート・ミュージック、ヒップホップなどあらゆる音楽を呑み込んだサウンドを鳴らす鬼才、常田大希のソロプロジェクトDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)。

イルリメ、1)(さらうんど)での活動や、近年ではMister Saturday NightやBLACK ACREなどからリリースを重ね、ダンスミュージッククリエイターとしての地位を確立しているJun Kamoda、DJとしてサモハンキンポー(思い出野郎Aチーム, MAD LOVE Records)の3組が出演決定した。

今年もceroがヤバいと思う、敬愛するアーティスト、DJ、ナイスなFOOD出店が出揃った『Traffic』。あとは当日を楽しむだけだ。

Info

「cero Presents“Traffic”」

東京 8月11日(金・祝) 新木場STUDIO COAST
OPEN 13:00 / ?START 14:00
? 指定席¥5,200(D代別/税込み)
※3歳以下のお子様は保護者1名につき、お子様1名まで入場無料、4歳以上はチケットが必要

出演
cero
岡村靖幸
D.A.N.
藤井洋平& The VERY Sensitive Citizens Of TOKYO
古川麦トリオ with strings
KEITA SANO(Live Set)
Sauce81(Live Set)
SLOWMOTION(DJ)
Daiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)
Jun Kamoda(Live Set)
サモハンキンポー(DJ)

問い合わせ先
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
SMASH 03-3444-6751

TICKET INFO

チケット発売中
ぴあ(P:331-442)、ローソン (L: 70379) SOLD OUT、e+ SOLD OUT・
楽天チケット SOLD OUT、GANBAN

CREDIT
企画:カクバリズム/SMASH/ iTONY ENTERTAINMENT
制作:SMASH/HOT STUFF PROMOTION /iTONY ENTERTAINMENT
主催:J-WAVE

脚注   [ + ]

1. (さらうんど

related

ceroが有観客でのワンマンをLIQUIDROOMで2デイズ開催

今年は配信シングル”Fdf”や3月に行った初の試みとなる電子チケット制配信ライブ、7月の日比谷野外大音楽堂を使った有料配信ライブなどコロナ禍においても精力的に活動を続けてきたcero。

鴨田潤の2ndアルバム『二』が寺尾紗穂をフィーチャーした形で正式リリース

今年4月に詩集『言葉の星座』とCDアルバム『三』を発売したばかりのイルリメこと鴨田潤が、2016年にBandcampで公開、リリースした2ndアルバム『二』より選曲した楽曲を、ボーカルにシンガーソングライターの寺尾紗穂を迎え、「鴨田潤 featuring 寺尾紗穂」名義で正式リリースした。

LIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトにceroが登場

縁のある多くのアーティストが参加してきたLIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトに、ワンマンはもちろん、周年イベント、さらには毎年のカクバリズムのイベントなど数々の機会にLIQUIDROOMの舞台を彩ってきたceroが登場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。