磯部涼によるルポルタージュ『ルポ 川崎』が刊行 | BAD HOPやA-THUG、FLY BOY RECORDSなどのアーティストも登場

サイゾーで連載され話題となっていた、磯部涼によるルポルタージュ『川崎』が、10月に単行本として刊行されることになった。

『ルポ 川崎』(仮)は、日本・有数の工業都市・川崎が舞台。しかし川崎では近年、多摩川河川敷での中1殺害事件や、多数 の死者が出た簡易宿泊所火災、老人ホームでの 転落死といった忌まわしい事件などが立て続けに起きていた。

磯部はラップ・ミュ ージックのメッカにもなりつつある、川崎の少年犯罪、ヤクザ、ドラッグ、性風俗、貧困、 ギャンブル、多文化社会をドキュメントし、 ひいては現代ニッポンの闇と光を描出。

上から目線の若者論、ヤンキー論、郊外論を一蹴する、真にフレッシュでリアルなルポルタージュがここに誕生した。サイゾー連載時のものからは大幅に加筆修正がされている。

本書にはBAD HOPやA-THUG、YOUNG HASTLE、 KOWICHI、TY-KOH、K-YO、DJ SPACEKID、友川カズキなど川崎を拠点に活躍するアーティストも多数登場し、自身のエピソードなどを語っている。

また連載時に写真を担当していた細倉真弓による写真も多数収録される。刊行は現在のところ10月17日予定だ。

連載時のアーカイブはこちらで読むことができる。

Info

川崎

・書名:『ルポ 川崎』(仮)
・発売日:10月17日予定
・定価:1600円+税
・ページ数:257ページ(予定)

・発行・発売:サイゾー

 

 

related

音楽プロデューサー松尾潔が初の小説『永遠の仮眠』を発表 | 音楽業界の内実を描き表紙には岩田剛典が登場

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家として多くのアーティストに関わってきた松尾潔が、初小説となる『永遠の仮眠』を2/17(水)に発売する。

環ROYが翻訳した「多様性」をテーマにした絵本『ほら ぴったり」が発売

昨年はビートを全て自身で手掛けたアルバム『Anyways』を発表し新境地を切り拓いた環ROYが、またしても新たなチャレンジを行なった。環が行なったのは絵本『ほら ぴったり』の翻訳だ。

トリプルファイヤーの吉田靖直が初の書籍 『持ってこなかった男』 を発表

トリプルファイヤーのボーカル吉田靖直が初の書籍『持ってこなかった男』を、2月に発表する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。