Swizz BeatzがKanye WestとPharrellをビートバトルで対決させたいと語る

Swizz BeatzとTimbalandがビートバトルを行うと話題になっており、両アーティストのファンは首を長くして待っているのだが、Swizz Beatzはすでにその次のビートバトルの試合も考えているとのこと。なんとKanye WestとPharrellを直接対決させたいと考えているようである。

Swizz Beatzは今年2月にJust BlazeとInstagram Liveを使用したビートバトルを行った。ファンからの熱いリクエストもあり、ビートバトル試合を定着化したいと考えているSwizz Beatz。TimbalandとPharrellのビートバトルを実現させるという噂もあったが、今一番実現に近いのはSwizz Beatz 対 Timbalandの対決かもしれない。

以前、ボクシングのフロイド・メイウェザー・ジュニアと世界ライト級王者コナー・マクレガーがブルックリンで記者会見を行った際に、ステージ上に登場したSwizz Beatzが観客に向かって「Timbalandとバトルがしたい」と宣言。それに対してTimbalandはInstagramに「その挑戦を受けて立つ」と発言する動画を投稿。まだ具体的な対決の日程などは提示されていないが、間違いなくファンたちはこの伝説の対決を待ち望んでいる。

Timbaland vs. @therealswizzz #challenge #accepted ? I'm #wit#da#smoke ?

Timbo the Kingさん(@timbaland)がシェアした投稿 -

Swizz Beatzはさらにその次のビートバトルも考えているとのこと。水曜日に彼はInstagramに「俺とTimbalandの試合の次はPharrell VS Kanye Westの対決を考えているよ」と投稿。これも実現したら大騒ぎになるマッチアップである。

After me and Timbo what am I thinking ???????#pharrell VS #kanyewest ?????⚡️

therealswizzzさん(@therealswizzz)がシェアした投稿 -

まだ今のところはSwizz BeatzとJust Blazeのビートバトルしか実現していないが、次々と候補として大物アーティストの名前が挙がり、ファンの期待は高まっている。これが実現すれば、プロデューサー同士がお互いのスキルをぶつけ合うビートバトル文化が一気に流行するかもしれない。

2月に行われライブ配信された、Swizz BeatzとJust Blazeのビートバトルの動画はこちら

related

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

BILLIONAIRE BOYS CLUBとReebokによる伝説のバスケットプレーヤー・アレンアイバーソンのアイコンモデルQUESTION LOWとのコラボレーションが登場

Reebokが、Pharrell Williamsらが率いる人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUBとコラボレーション した「BILLIONAIRE BOYS CLUB ICECREAM × REEBOK QUESTION LOW」を2020年10月 30 日(金)に発売する。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。