TimbalandとPharrellによる夢のビートバトルが実現か?

日本ではフリースタイルバトルがトレンドとなっているが、アメリカではビートバトルが新たな流行となるのだろうか。

今年の2月にJust BlazeとSwizz BeatzがInstagram Liveを使用したビートバトルを行った。この名プロデューサーたちの激闘は、多くのファンが見守り、その後も次の試合が見たいというリクエストが絶えなかったという。

そんな声に応えて、Just Blazeがドリームマッチを用意した。

Just Blazeは昨日Twitterに、「Timberlandに電話したよ、彼はPharrellとビートバトルがしたいと言っていた。2人はちょうど今話し合ってたみたいだよ。やばいね」と投稿した。

もちろんPharrellとTimbalandは旧知の仲であり、出身も2人ともバージニア州で、もし実現したらお互い負けられない一戦になるのは間違いないだろう。現役バリバリで活躍し続けている2人がどんなビートを繰り出すのか、試合前から楽しみだ。

Instagram Liveでスタートしたビートバトルだが、定着すればテレビ番組としても十分視聴者を獲得できそうなフォーマットだ。あなたはどのビートメーカーの試合が見たい?

RELATED

数々のヒットを生み出してきたTimbalandが「今でも自分が作れなかったことに嫉妬する楽曲がある」と明かす

先月行われたウォーターフェスティバルのOTHERtone座談会にてTimbalandが登壇し、数々のヒット作を生み出した今でも自分が作れなかった事に嫉妬するような楽曲がある事を明かした。

Just Blazeが「大人が若者をバカにする映像」を観て本気で怖がっている様子が話題に

2000年代前半より活躍しJay-Z、Kanye West、Cam’ron、Eminemらのビートを手がけたことで知られるプロデューサーのJust Blaze。そんな彼が、テレビのニュース番組で流れた映像にユニークなリアクションを取ったことで話題となっている。

PharrellがThe Neptunesのヒット曲“Frontin'”はPrinceのために書いた曲だったと述べる

Chad HugoとのThe Neptunesや、もちろんソロでも多くのヒット曲を生んでいるPharrellが、Clash Magazineのインタビューに登場し他のアーティストとのコラボワークについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。