数々のヒットを生み出してきたTimbalandが「今でも自分が作れなかったことに嫉妬する楽曲がある」と明かす

先月行われたウォーターフェスティバルのOTHERtone座談会にてTimbalandが登壇し、数々のヒット作を生み出した今でも自分が作れなかった事に嫉妬するような楽曲がある事を明かした。

嫉妬するほどTimbalandが作りたかった曲というのが、1999年にリリースされたR&BシンガーKelisによる“Caught Out There”だ。この楽曲はPharrell Williams とChad Hugoの二人によるThe Neptunesによってプロデュースされたもので、全米シングルチャート54位にまで到達している。

この曲についてTimbalandは「Pharrellはマスターサウンドっていう名前のスタジオを持っていて、もう一つのスタジオに通じていたんだ。俺とMissyはスタジオAで働いていた。その時に俺は“I hate you so much right now”っていうのを聞いたんだ。俺は『なんだ今の?』って言ったよ。そして『Missyお前も聞けよ』って。それから『ああ、俺もこんなビートを作りたかったな』って思った。それがこの曲だよ。Pharrellが作ったんだ。『クレイジーだ』ってなってたよ。」と昔に偶然耳にしたビートが、今でも忘れられないものとなっている事を語った。

“Caught Out There”はKelisのデビューアルバム『Kaleidoscope』のリードシングルだ。本作はアメリカ内での宣伝の失敗もあり、ヨーロッパで高い評価を得た。Kelisはその後も順調に人気を獲得し、2000年代半ばで人気絶頂を迎えた。

related

ReebokとBILLIONAIRE BOYS CLUBによるコラボスペシャルモデルが発売

Reebokと、Pharrell Williamsが設立した人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネアボーイズクラブ、略称・BBC)とのコラボレーションアイテム2/22(土)に発売される。

adidas Originalsが『SUPERSTAR』誕生50周年を記念した新キャンペーンを始動|Jonah Hillが監督しPharrell Williamsらが出演するフィルムも公開

adidas Originalsが、アイコニックなスニーカーである『SUPERSTAR』の誕生から50年の歴史と、今後の未来をセレブレイトすべく、新キャンペーン『CHANGE IS A TEAM SPORT - つなげ、その意思を。』をスタートした。

KelisがThe Neptunesによって楽曲の権利を奪われ報酬を受け取っていないと主張

先日、長い活動休止期間を経てついに再始動を果たすことが発表されたPharrell WilliamsとChad Hugoのプロデューサーユニット、The Neptunes。そんな彼らとのコラボレーションで知られるR&BシンガーのKelisが、このタイミングでまさかの主張を行い話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。