世界最大の投資銀行ゴールドマン・サックスの共同社長はDJ

世界最大級の投資銀行、ゴールドマン・サックスの共同社長であるDavid M. Solomonは『D-Sol』という名前でDJ活動をしているという。

ニューヨークに本社を置く、ゴールドマン・サックスは世界有数の金融機関である。David Solomonはその社長兼共同COOであり、現在55歳。有名な歌手や芸能人がたまに趣味や副業としてDJをしているのはたまに聞くが、投資銀行の社長がDJなのはおそらく初めてだろう。

DJ D-Solとしての専用のInstagramページがあり、今月頭に彼がDJしている様子の映像を投稿。独立記念日の7/4にDJをおこなったようであり、「週末に回して最高に楽しんでる」「良い天気と楽しい賑わいの中July 4を祝ったよ」と綴っている。残念ながら現在はプライベートアカウントになってしまい、承認した人しか見れないようになってしまった。映像によると、彼のセットはEDXなどの曲を含んでいたようである。

14db-goldman1-superJumbo

世界トップクラスの投資銀行のトップであるだけに、そのプレイもゴージャスかつ的確なのは間違いないだろう。

related

DJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』

PioneerDJが公開したDJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』に日本語字幕が新たに追加された。

ストリーミングDJサービスBeatport LINKのβ版がRekordboxで利用開始

600万ものトラックを利用できるDJの為のサービスBeatport LINKがRekordboxでベータ版の利用が始まった。現段階ではMacユーザーのみとなっており、完全版は今秋にローンチされる予定だ。 Beatport LINKは月額$14.99ドル(約1600円)で600万ものトラックにア...

シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。