Commonが入場料無料のコンサートを開催へ。目的は刑事司法の改革

ラッパーのCommonが入場料無料のコンサートを主催すると発表。これは刑事司法に対する意識啓発、そしてカルフォルニアの州議会に、未成年犯罪者の人権と、保釈金に関する法案を通すための活動とのことである。
「このコンサートを主催することを発表するのを楽しみにしていた。音楽、アート、食べ物を提供して忘れらない夜にしたい。そして刑事司法の改革を提唱しよう」とCommonはinstagramに投稿。

投稿された画像には「どこであろうと不当な仕打ちと戦うことがアーティストとしての義務。俺の兄弟達のために立ち向かう」と自身の言葉が書かれている。

Commonは過去にも動物の権利や、HIVなどに関わる社会貢献活動を行ってきたが、刑事司法に関するプロジェクトに関わるのは今回が初。この無料コンサートは来月8/21に開催。出演アーティストは今後発表していくようであり、1万人の来場を見込んでいるとのこと。

related

CommonがKendrick Lamarをお気に入りのラッパーに挙げ「4枚のクラシックを作った」と絶賛

ここ最近Twitterで流行している「史上最高のラッパー50人」リスト。その流れで各々のお気に入りのラッパーを挙げる人が増える中、シカゴの大ベテランであるCommonも自身のフェイバリットを挙げ話題を呼んでいる。

Travis Scottのハーフタイムショー出演をCommonが「出て欲しくなかった」と批判

人種差別への抗議活動を行ったNFL選手コリン・キャパニック選手への支持を表明したアーティストたちによってボイコットが行われた今年度のスーパーボウルハーフタイムショー。現在出演が決定しているのはMaroon 5とBig boi、そしてTravis Scottだが、Travis Scottの出演に対してCommonが持論を述べている。

CommonがR. Kellyの性的暴行疑惑は自身を含むブラックコミュニティ全体の失敗だと語る

現在、大きな波紋を呼んでいるR. Kellyの性的暴行の実態を暴くドキュメンタリー『Surviving R.Kelly』。このドキュメンタリーを受け、Kellyと同じくR&BシンガーのTankやDaymond Johnなど多くのアーティストが彼を非難している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。