レイプや性犯罪が多発し来年の開催がキャンセルされたフェスが「女性だけ」のフェスとして復活へ

スウェーデン最大級の音楽フェス『Bråvalla』は今年のフェス中にレイプや性犯罪が多発してしまったため、来年の開催がキャンセルとなった。フェスティバル中に起こってしまった、最悪の事態の傷をぬぐうことはできないが、『Bråvalla』は全く新しいフェスとして復活を試みている。

今年は6月末から4日間開催された『Bråvalla』では23の性犯罪と4つのレイプ事件が発生してしまった。

『Bråvalla』の広報担当者はGuardianの取材に対し、「これは恥だ」と語り来年の開催をキャンセルする旨を伝えている。

この発表に対しスウェーデンのコメディアンのEmma KnyckareがTwitterである提案を行った。Emmaは「男がいない本当にクールなフェスをやるのはどう?男がどうやって振舞うかを学ぶまでね」と女性だけが入れるフェスを提案。

それに対しオーガナイザーも彼女の提案を受け入れ、女性だけのフェスの企画がスタートしている。オーガナイザーは「スウェーデンで最初の男から自由なロックフェスが、来年の夏に開催されるだろう。私たちは前に進むべきだ」とコメントを発表した。

 

 

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

渋谷Contactが店内での痴漢行為に対する声明を発表

昨日紹介した、クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名。

クラブ内にアンチハラスメントのステイトメントの掲示を求める署名がスタート

署名サイトchange.org内にて「クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名がスタートしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。