FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.9 | Kick a Showが選ぶ、夜明けと共に聴きたくなる20選

FNMNLと音楽配信サービスLINE MUSICのスペシャルプレイリスト企画。アーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICの膨大なアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

今回登場するのはKick a Show。MONDO GOROSSOの14年ぶりとなるアルバム『何度でも新しく生まれる』に収録された"See You Again"にも参加した注目アーティストが、夜明けと共に聴きたくなる楽曲をチョイスしてくれた。

Kick a Showが選ぶ、夜明けと共に聴きたくなる20選

季節は問いません。長い夜の締めくくりや新しい朝への期待感や気怠さ、そんな人間味ある日々の暮らしと重ねても良し、過去から現在、現在から未来へ至るまで一曲一曲に込められた紆余曲折は僕にとっても特別なプレイリストです。

1. Nate Dogg - "I Got Love"

Nate Dogg

2. Kick a Show - "友達以上恋人未満"

kick a show

3. R. Kelly - "Ignition(Remix)"

R.Kelly

4. Aaliyah - "Back & Forth"

Aaliyah

5. Maroon 5 - "Sunday Morning"

Maroon 5

6. Jamiroquai - "Virtual Insanity"

jamiroquai

7. Cheryl Lynn - "Got to Be Real"

Cheryl

8. R. Kelly - "Backyerd Party"

R.Kelly

9.  Nate Dogg - "Nobody Does It Better"

Nate Dogg

10. Kick a Show - "You On My Mind"

Kick a Show

Kick a Showが選ぶ、夜明けと共に聴きたくなる20選プレイリストの11~20曲目とプレイリストの視聴はLINE MUSICから。

Kick a Show Info

*新作デジタルEP『3.5 EP』発売中!

*魅力が凝縮された『Greatest Hits』発売中!

*限定販売中だった幻の『KOIMIMA EP』が全国のレコードショップで流通開始!

 

RELATED

『EDC JAPAN 2019』でVERDYがプロデュースする移動式ステージが登場 | 国内外のゲストの飛び入りも?!

5/11(土)と5/12(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』。Major LazerやSkrillexなどを中心にしつつ今年はFutureやAwich、kZmからPeggy Gou、Marcel Dettmannなど多彩なアーティストが出演するビッグフェスと、「Girls Don‘t Cry」や「WASTED YOUTH」などのプロジェクトで世界的に注目を集めるVERDYとのコラボレーションが決定した。

「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表された。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

Kick a ShowがEPを3作連続リリース決定 | 第1弾『Purple Sugar』は来月リリース

昨年、デビューアルバム『The Twelve Love』を発表したKick a Show。ファッション・ブランドの広告にも多く起用されるなど活躍の場を広げている彼が、4月から3作連続でEPをリリースすると発表した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。