RZAがマンブルラップについて語る | 「彼らには彼らの音楽を作ってもらって楽しんでもらえばいい」

Montrealityの動画インタビューコーナーにWu-Tang Clanのメンバーが登場。RZAがマンブルラップについて独自の視点で語った。

まず最初にWu-Tang Clanのメンバーたちは亡くなったProdigyに思いを馳せて、それぞれ思い出話をした。U-Godはツアー中にProdigyとペイントボールで遊んだ話、Raekwonは『Eye For a Eye (Your Beef Is Minez)』をMobb Deepと一緒にレコーディングした時の事を語った。RZAによると「25歳を超えないと良いMCになれない人が多いが、ProdigyとHavocは19歳頃からすでにアーティストとして声が完成していた」と、若い頃からすでにMobb Deepの二人は才能が開花していたとのこと。

他にメンバーたちは好きなNYのラッパーについても語り、Young M.A、Dave East、Joey Badass、ASAP Mob、Boogie Wit Da Hoodieなどの名前があがった。

そして流れはマンブルラップというジャンルについての話に切り替わる。

「音楽は音楽、俺らはドープな歌詞を書く時代にやってきたけど、だからって他のやり方を差別したりはしない」とRZAは発言。「そもそも『マンブルラップ』という呼び方は歌っているやつらが自ら付けた名前ではなく、マスコミが付けた名前だ」とマンブルラップという総称についても言及した。「彼らには彼らの音楽を作ってもらって楽しんでもらえばいい」とマンブルラップに対して否定的でも肯定的でもないコメントを残したRZA。

しかし「シロップ(咳止め薬をドラッグ代わりに摂取すること)を飲んで、ぶつぶつとマンブルラップのように喋ってるやつらは、シロップを飲むのをやめろ」と最後にコデイン中毒に対して注意喚起した。

インタビュー動画はこちら

RELATED

ニューヨークにWu-Tang Clanの名を冠した「Wu-Tang Clan地区」が完成|Ghostface Killah、Raekwonらが式典に出席

以前、ニューヨークにWu-Tang ClanとNotorious B.I.G.の名を冠した通りが出来ることが報じられたが、いよいよ「Wu-Tang Clan地区」がニューヨークに現れたようだ。

昨年公開されたWu-Tang Clanのドキュメンタリー『For The Children』の続編がアメリカで公開決定

日本では昨年に映画『キックス』と同時上映されたWu-Tang Clanのドキュメンタリーシリーズ『For The Children』の続編がアメリカで公開されることが決定した。

Notorious B.I.G.とWu-Tang Clanがニューヨークの通りの名前に

東海岸のヒップホップレジェンドであるNotorious B.I.G.とWu-Tang Clanの名を冠した通りがニューヨークに出来ることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。