Madlibがこれまでサンプリングしてきた1200曲を収録したSpotifyのプレイリストが公開

Stones Throwなどで活躍しているプロデューサーのMadlibのサンプリングのネタ元を集めたSpotifyのプレイリストが公開された。

今回、Spotifyで有志により公開されたプレイリスト『Madlib:Crate Diggin'』はレコードジャンキーとして知られる彼のサンプリング元1200曲以上を収録し、総再生時間が99時間超えの大作だ。

このプレイリストにはMichael JacksonのThrillerといった有名曲であったり、James BrownやJohn Coltraneなどロック、ジャズ、ソウル、ファンクやレゲエなどMadlibの守備範囲の広さを知ることができる。

 

RELATED

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

Madlibが故Mac Millerとの未発表曲をDJ中にプレイ|コラボアルバム『Maclib』からの楽曲か

昨年9月に急逝し世界中に衝撃を与えたMac Miller。彼とMadlibとのコラボアルバム『Maclib』の存在が噂されている中、Madlibが自身のDJで同作からと見られるMac Millerをフィーチャーした未発表曲をプレイし、話題となっている。

Mac Millerが生前にMadlibとのコラボアルバムをレコーディングしていたことが明らかに

昨年9月に急逝したMac Miller。結果的に遺作となってしまったアルバム『Swimming』をリリースした直後の死は多くのファンを悲しませたが、なんと彼の未発表アルバムをこれから聴くことが出来るかもしれない。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。