Snoop Doggが新曲"Moment I Feared"のミュージックビデオでYoung Thugなど新世代のラッパーをからかう?

Snoop Doggはどの世代対しても寛容な態度をとってきた。今まで多くの若手ラッパーと共演し、どの世代の中でもジェネレーションギャップを感じさせない数少ないラッパーだというのは周知のとおり。しかし、今回ばかりは少し違うのかもしれない。

今月20日、Snoopの最新アルバム『Neva Left』に収録されているベイエリアのラッパーRick Rockを迎えた"Moment I Feared"のミュージックビデオが公開された。Snoopの番組『GGN Hood News』のスタジオからスタートするなどユーモアに富んだミュージックビデオだが、そこに明らかにYoung Thugに扮した人物が登場する。

ムービーの最初でSnoopとRick Rockは、マリファナを吸いながら、ヒップホップの意味について語り合った。そして、新人ラッパーとしてYoung Thugに扮するFonz Dlowを紹介する。

"Moment I Feared"のイントロが流れ始めると、赤いドレッドを束ねたFonz Dlowが登場し、カメラの前でYoung Thugのアルバム『Jeffery』のカバーに似た衣装で、それに似たポーズを取る。

Young Thug

Young Thug

そして、Young Thugに扮したFonz DlowがSnoopに対して「彼らは俺がやっていることができないし、着ている服が着れないから、みんな俺を嫌うんだ」と言うと、Snoopは「俺はやることをやっている全ての若い仲間をリスペクトしている」と語り「俺の若い頃、他の人たちは俺のやっていることが理解できてなかったし、リスペクトもしてくれなかった。俺も成長して、お前の気持ちもわかるよ」とYoung Thugに目配せするように諭した。

今回のミュージックビデオでは、これまで新世代に寛容だったSnoopがYoung ThugやLil Uzi Vertをからかったものとして、注目を浴びそうだ。(野口耕一)

RELATED

Geniusがスラング「Slatt」の起源を紹介する動画を公開

「Drip」、「No Cap」の様にヒップホップシーンで頻繁に使われるスラング。最近になり現れた「Slatt」というスラングに関して、その起源を紹介する動画がGeniusより公開された。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

Snoop Doggが出演映画のプレミア上映会に出席 | 楽屋がマリファナの匂いで充満し映画館が抗議

香水を付けた人とエレベーターで同乗し、その人が降りた後でもエレベーター内に香水が充満している、といった事は多くの人が経験した事があるかもしれない。しかし、マリファナの残り香が充満している、という状況を経験した事がある人はどのくらいいるだろうか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。