Travis ScottがChief Keefに勘違いされた件を完全否定する動画を公開

Travis Scottが『Bird’s Eye View tour』で訪れた南アフリカのヨハネスブルグで、子供たちにChief Keefに間違われたという件を昨日伝えたが、Travisが自身のTwitterでそれを完全否定する証拠となる動画を公開した。

動画では、子供達はカメラに向かって「僕がTVに出るよ」、「撮って、撮って」と嬉しそうにカメラに向かって喋っている。この「撮って、撮って=Shoot Me」がChief Keefに聞こえていたのだと推測される。TravisはChief Keefと自分を南アフリカの子供達を見間違えたと信じた人は、バカで強欲な人間だと諭している。

related

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

Travis Scottが自身オリジナルのPlayStation用ゲームを制作する可能性

先日発売され、世界的に熱狂を持って迎えられたPlayStation5。そんな中、PlayStationとパートナーシップを結んだTravis Scottが、自身オリジナルのゲームを制作する可能性が浮上している。

Travis Scottとマクドナルドのコラボアクションフィギュアが約570万円で転売される

欲しかったアイテムが売り切れてしまい、プレミア価格がついたことで購入を諦めた経験がある方は多いだろう。今回、以前Travis Scottがマクドナルドとコラボした際に作られたアイテムが、とんでもない価格で転売されていることが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。