JJJとMLBオフィシャルブランド47brandのコラボキャップがリリース

アメリカのボストンでスタートし、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)公認ライセンスブランドである47brandと、JJJのコラボレーション・マーチャンダイズが実現した。

JJJが47brandのベースボールキャップを日常的に愛用していることがきっかけでこの企画がスタート。

jjj
47Brand×FL$Nation CAP(NAVY)
3,800yen+tax


fls_47brand_cap_BACK_S

ウォッシュド加工をかけたネイビーのCLEAN UPボディをベースに、フロントにFL$Nationの新ロゴ、バックにKCALLDAYロゴ、サイドには47brandのロゴを白刺繍で配置。

jjj

一部のライブ会場と、通信販売限定で本日17時より販売を開始します。完全限定生産の為、早めの購入を。

https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=1176

7月15日(土)に渋谷WWW Xで開催される最新アルバム『HIKARI』のリリースパーティーのフライヤーデザインが公開。

デザインは名古屋在住の刺繍作家/デザイナー、risa ogawaによるもの。

jjj

この日はアルバムに参加したアーティストが集うほか、JJJ、KID FRESINOのマーチャンダイズ等を手掛けるMarfa by Kazuhiko Fujitaによるスペシャルアイテムを限定販売することが決定。

JJJが2015年にCD-Rで自主制作し即日完売となった、幻のBEAT TAPE『THOUSAND』(現在入手困難!)を、カセットテープの形態で限定先行リリース。Tシャツ&カセットテープのセット販売の他、カセットテープのみ、トートバックなどを販売する。

『HIKARI』のジャケット/ブックレット写真を撮影したGoro Kosaka、Takahiro Somaによるフォトエキシビジョンにも是非注目してほしい。

Info

【JJJ “HIKARI” Release Party @ WWW X】

■ 2017/07/15(SAT) @WWW X
OPEN / START : 17:30
ADV : ¥3,000 / DOOR : ¥3,500 / U-25 : ¥2,300 ※参照 (全て別途1drink)

▼“HIKARI”  LIVE SET
JJJ / 仙人掌 / STICKY / YOUNG JUJU(KANDYTOWN / BCDMG) / Febb

▼LIVE
仙人掌 / YOUNG JUJU(KANDYTOWN / BCDMG) / Febb

▼BEAT LIVE
STUTS / Aru-2

▼DJ
ENDRUN

▼PHOTO EXHIBITION
Goro Kosaka / Takahiro Soma

▼SHOP
Marfa by Kazuhiko Fujita

※<U25チケット>は、25歳以下の方を対象とした割引チケットとなります。
ご購入の方は、入場時に顔写真入りの身分証明書をご提示ください。
ご提示がない場合は、正規チケット料金の差額をお支払いただきますので、予めご了承ください。

前売りチケット販売中!
e+ / チケットぴあ[P:333-881] / ローソンチケット[L:74075] /

下高井戸トラスムンド / WWW店頭

INFORMATION : WWW X 03-5458-7688

RELATED

仙人掌のJJJとのコラボ曲“Darlin'”のNARISKによるリミックスが公開

仙人掌が昨年リリースした2ndアルバム『BOY MEETS WORLD』に収録され話題となったJJJとのコラボ曲、“Darlin'”のNARISKによるリミックスが公開となった。

恵比寿BATICAの8周年記念パーティー『TV』にJJJや仙人掌、BASI、in-dなどが出演

8周年を迎えた恵比寿BATICAのアニバーサリーパーティーシリーズの一環として、『TV』が4/22(月)に開催される。

STUTSとJJJが出演するイベント『Back Beat Club -extra edition-』が松本で来週開催

長野・松本を拠点に音楽とダンスを自由に楽しめる空間をテーマに開催されてきたイベント『Back Beat Club』のスペシャルバージョンが、4/20(土)に松本のMOLE HALLで開催される。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。