Chance The Rapper、シカゴの子供たちのために最も優れたアイディアを思いついた人に200万ドル支払うと公言

Facebookに投稿された映像でChanceはシカゴの子供達の生活が良くなるためのアイディアを思いついた人に200万ドルの賞金を与えると発表した。

動画ではシカゴの青少年支援団体『Chicago Beyond』で働くLiz Dozierと共にこの200万ドルチャレンジキャンペーンの詳細を説明している。

この『Go Innovative Challenge』と呼ばれるキャンペーンに参加するための条件は、『Chicago Beyond』のサイト上に青少年のためのアイディアを説明する90秒の動画を投稿すること。高校に通うシカゴの青少年の教育を支援、または安全な生活環境を保証するためのアイディアを募集している。期限は7/7。誰からの応募も受け付けているとのこと。

Facebookに投稿された動画内でLizは「このような機会の設け方は、普段は多くある、お偉いさんの承認を求める事務作業などが必要ない」と、このキャンペーンのメリットを語っている。

この動画はツアー中であるChanceがLizと共にフロリダ州のタンパで撮影したもの。Lizの所属する『Chicago Beyond』はシカゴに住む著名人と協力して青少年を支援する非営利団体。Chanceが以前、シカゴの公立の学校に100万ドル支援した際もLizと協力したとのこと。他にも『Chicago Beyond』は今年、シカゴ市で3,000個の短期仕事を援助する活動も行った。

不祥事のニュースなどがネットで多く流れる中、Chanceはポジティブな良いニュースをたくさん届けれるよう努力している。Chanceはこれからも自身の地元をサポートするために懸命に動くと語っている。(小林一真)

RELATED

Chance The RapperがWendy’sのTwitterに「スパイシーナゲットを復活させてくれ」と呼びかけ本当に復活することが決定|ニューアルバムも予告される

フォロワーを煽り競合他社とラップバトルをし、ミックステープをリリースするなど独特かつサグなTwitterの使い方をすることで知られているWendy’s。そんな手強い相手に、Chance The Rapperが勝負を挑んだようだ。

Chance The Rapperがファンとともに科学や恐竜について語り合う

7月に待望のニューアルバムのリリースを控え、先日には長年連れ添ったフィアンセと結婚式を挙げるなど、公私ともに充実の一途をたどるChance The Rapper。そんな彼は今回、自身のTwitterにて科学的な質問をファン達に投げかけた。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。