DJ Khaledが唯一フィーチャリングをしてもらえないラッパーは?

DJ Khaledは、ほぼ存在する全てのラッパーと共演したと思えるほど、多くのラッパーが彼の曲中で歌っているが、まだ一人コラボレーションできていない大物がいる。

新アルバム『Grateful』はDrake、Rihanna、Bryson Tiller、Chance The Rapperなどがフィーチャリングして豪華なラインアップとなった。しかしまだ1バースもDJ Khaledのために歌ってくれない大物ラッパーが一人いる。

「Eminemと一緒に曲を作るチャンスがなかなか訪れない。以前、頼んだことはあるけどもう一度トライしたい」とKhaledは説明。KhaledはEminemの師であるDr.Dreとも共演したいと言及している。「次また彼に頼む時は、まさにこれだと思えるレコードを持って行く。彼はただ断っているだけでは無いと思う。ただ俺がちゃんと上手く提案して誘えばいいだけだ」とKhaledは語る。

現在人気上昇中のDJ Khaledは大物にフューチャリングしてもらう際は、色々な方法を考えて頼むことで有名。今回のアルバムに収録されるヒットソング『I’m The One』のフックをJustin Biberに歌ってもらうためにホッケーの試合をしたとのこと。

次々と有力なラッパー達とコラボしていくDJ Khaledだが、 Eminemに歌ってもらうまでは全てのラッパーを制覇したと胸を張って言えないだろう。今月末にリリースされる新アルバムでさらにブレイクするであろうKhaledは今後Eminemがコラボしたくなるようなトラックを作り、頼みこめるか要注目である。(小林一真)

related

Kanye WestがかつてEminemのドラムキットを盗もうとしたことを明かす

2000年代初期から中期にかけて、ラッパーとしてだけでなくプロデューサーとしても高い評価を受け注目されていたEminem。同じ時期に新進気鋭のプロデューサーとしてキャリアをスタートしたKanye Westが、そんな彼とのエピソードを語っている2004年のインタビュー記事が話題となっている。

Lil WayneとEminemが過去に同じ韻を踏んでいないかチェックするために自身のリリックをググると明かす

それぞれ全く違うスタイルながら、共に長くラップシーンの頂点に立ち続けているLil WayneとEminem。共に高度なライミングを得意とし数多くの楽曲を発表している彼らが、新曲のリリックを書く際の苦労について語っている。

Tyler, The CreatorがEminemからのディスを気にしていないと語る

昨年リリースされたEminemの最新アルバム『Kamikaze』。多くの若手ラッパーへのディスを盛り込んだ同作は大きな波紋を呼び、話題となった。そんな中、彼にディスされたラッパーの1人であるTyler,The CreatorがEminemのディスは気にしていないと語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。