XXXTentacionが殴打事件後初のインタビューに答える | 「今後もセキュリティーを増やすつもりはない」

XXXTentacionが衝撃的なライブ中の殴打事件後、初のインタビューに登場。殴った犯人についてや、今後の警備体制などについて語っている。

ゴシップサイトTMZのインタビュ−に答えたXXXTentacionは、自身がまだ19歳でありながら大きな成功を収めたことを妬んでいる人々が、たくさんいることを指摘。そうした背景が今回の事件の背景にあることを示唆した。

続けてXXXTentacionは、今回の事件に関しては対応できなかったが、今後は自身がやるべき対応をキッチリとっていくとも話している。

またそのライブ中にバックステージで刺された男がおり、それが犯人であると話すXXXTentacionは、不敵な笑みを浮かべながら、「(刺された件については)おれは関係ない、違う理由で刺されたんだろう」と主張する。「犯人は数カ所を刺され死ぬかもしれない」と述べている。ただ警察曰く刺された男は、命に別状はないとのことだ。

この刺された、犯人とみられる男の身元はまだわかっておらず、XXXTentacionと敵対関係にあるRob Stoneは関係を否定している

最後にXXXTentacionは今後のセキュリティー体制についても、これまで通りでいくと回答。「すでに12人のセキュリティーがいる。なんでこれ以上金を払わなきゃいけないんだ」と主張した。

 

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。