Damian Marleyが大麻雑誌『ハイ・タイムズ』のオーナーに

嗜好品としての大麻解禁を主張している、アメリカの雑誌『ハイ・タイムズ』のオーナーの一人に伝説的なレゲエアーティストBob Marleyの息子、Damian Marleyが就任することになったと、地元紙『サンフランシスコ・クロニクル』が伝えている

Damian Marleyもメンバーの1人である投資グループが『ハイ・タイムズ』の株式の60%を取得、4200万ドルで『ハイ・タイムズ』の経営権を獲得したという。

『ハイ・タイムズ』はアムステルダムで毎年開催されている、マリファナの祭典『カンナビス・カップ』も運営しており、CEOに新たに就任するAdam Levinは、「『ハイ・タイムズ』はマリファナ界のコカ・コーラだ」と、名門誌の経営権を獲得したことを嬉々として語り、「今後は同社をより多様なメディア会社として運営していく」という。

 

 

RELATED

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。