中国で50万足の偽ブランドスニーカーが押収。市場価値は100億円相当

スニーカーバブルが続くことで、それを悪事に利用しようとする人も後を絶たない。

先日はNikeストアから800足ものスニーカーを盗んだ男が逮捕されたが、今度は50万足もの偽ブランドスニーカーが中国で押収された。

押収されたのは安徽省にあるスニーカー工場で、この工場で作られていた偽ブランドスニーカーは中東やアフリカ諸国に輸出され、これまでに約100億円程の売り上げをあげていたという。

この工場ではNikeやConverse、Vansなどの人気ブランドを模したスニーカーが1足400円程度で制作され、それが6000円近い値段で海外の店舗で販売されていたとのことだ。

工場の摘発のきっかけはNikeの中国支社が警察に対し、中東でNikeの模造品が売られていると告発したのがきっかけになった。警察が捜査をしていたところ、この偽ブランド工場のディレクターが以前にも同じ罪で捕まったことのある人物だと判明し、捜査に踏み切った。

 

 

RELATED

adidas UltraBOOSTとUNDEFEATEDとのコラボレーションモデルを明日先行発売

LA発のスニーカーブティックUNDEFEATEDが、adidasの中でも人気モデルのUltraBOOSTとのコラボレーションモデルを、明日5/24(金)にUNDEFEATEDの店舗と直営のオンラインストアにて先行ドロップする。

􏰉􏰊Reebokの90年代の貴重なアーカイブが展示される『Reebok 90s House』が期間限定オープン | WILYWNKAのライヴや上岡拓也によるライヴペインティングも

Reebokが1990年代に同社が開発し、スポーツシーンに多大な影響を与えた画期的テクノロジーや、前衛的デザインでファッション業界で注目を集めたモデルを一堂に会した、期間限定ミュージアム『Reebok 90s House』を4/5(金)から原宿B-SIDEで開催する。

mindseekerとVANSのコラボスニーカー第三弾が登場 | 今度はファイヤーパターンを基調に

毎回大きな話題を集めているmindseekerとVANSのコラボスニーカーの第三弾が発売されることになった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。