DrakeとTory Lanezが1年にわたるビーフに終止符?2人には過去にどのようなビーフがあったのか?

トロント出身のミュージシャンDrakeとTory Lanezが1年に渡る確執を越えて、仲直りしたようだ。今日2人はツーショット写真をInstagramにアップした。

フォトグラファーJosh Fariasが撮影した2人のスナップが2人Instagramにアップされ、昨年の初頭から露わになった確執に終止符を打ったと見られている。

Toronto... I Told You @Midjordan ?

A post shared by torylanez (@torylanez) on

?☂️

A post shared by champagnepapi (@champagnepapi) on

Drakeのアルバム『Summer Sixteen』 の"Summer Sixteen"の中のライン「All you boys in Toronto want to be me a little」が当時売り出し中のトロント出身のTory Lanezに当てたラインと見られ、当初Lanezはそれに対して無視を決めていたが、Lanezはその後のインタビューで「おれを邪魔するやつがいたとしても、それが誰であろうが越えていく」と発言していた。

その後Tory LanezはDrakeの"Controlla"をサプライズ・リミックスし「誰が一番か」を猛烈にアピール。それに対してDrakeは昨年の夏のツアーで自身の楽曲"Controlla"の歌詞をTory Lanezが行った"Controlla Remix"に対して"Summer Sixteen"の歌詞の一部を変更し応答。また『More Life』の“Do Not Disturb”もLanezに向けた歌詞が含まれている。

そのような状況の中、彼らはサプライズでツーショット写真を同時に投稿。今後トロント出身の2人のコラボレーションがあるのか?

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。