DIGAWEL 17AWコレクション [PORTRAIT VIEW] LOOK

西村浩平がデザイナーをつとめるDIGAWELの2017AWコレクションのLOOKが公開。今季のテーマはPORTRAIT VIEWだ。

覆うという意思から制作された今季のコレクションは、言葉通り頭からつま先までをひとつのオブジェクトとして衣類へ置き換えていく試みだ。

[PORTRAIT VIEW] というテーマのもと全身のトーンを合わせながらビッグシルエットや ハイネックといったものをコーディネートする事により、現在のムードを捉えることが可能かをDIGAWELは探り続けている。

PORTRAIT VIEW=縦長表示の写真のみを使ったLOOKはこちら。

DIGAWEL

digawel4

<Brand Info>

Shop

DIGAWEL 1

153-0051 東京都目黒区上目黒 2-30-7 石崎足立ビル 1F

DIGAWEL 2

153-0065 東京都目黒区中町2-11-16

Web

http://www.digawel.com

RELATED

盛岡のコンセプトショップCIYでDIGAWELのオフィスをテーマにしたPOP UPが開催

盛岡のコンセプトショップCIY (Choice is yours)にて、DIGAWELのオフィスをテーマにしたポップアップイベント「ディガウェルによるオフィスウエア」が、4/27(土)から開催される。

DIGAWELによるオフィスをテーマにしたPOP UPが今度はTHE CONRAN SHOPで開催

DIGAWELが昨年から社食堂やHIBIYA CENTRAL MARKETで開催してきたオフィスをテーマにしたPOP UPが、4/5(金)から丸の内のTHE CONRAN SHOPで開催される。

DIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOK | テーマは「a study of the mass」

西村浩平がデザイナーを務めるDIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOKが公開となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。