MINUS AW17-18 LOOKBOOK | イメージムービーではPAELLASの楽曲を使用

藤本透がデザイナーを務めるブランドMINUSのAW17-18のLOOKBOOKが発表された。

「メッセージ性をもった和洋服」をコンセプトに掲げるMINUSが、今季選んだテーマは「DANDYISM」。ジェンダーレスなスタイルがトレンドの現代に、あえてそれとは真逆の位置にあるダンディズムを追求、その中にある美しさや強さを表現している。イギリスから派生し流行したとされるダンディズムをモチーフに、モダンに再構築している。

また今季のイメージムービーでは、PAELLASの楽曲を使用。藤本とかねてより親交のあるバンドメンバーの共作で官能的なムービーを作り上げた。

 

MINUS OFFICIAL SITE
http://minus-jpn.com/

related

PHINGERINのSPRING / SUMMER 20のLOOKBOOKが公開

PHINGERINがSPRING/SUMMER 20’コレクションのLOOKBOOKを公開した。

Sasquatchfabrix. 2018 SS LOOK BOOK | テーマは「まれびと」

Sasquatchfabrix.の2018 SSシーズンのLOOK BOOKが公開された。シーズンテーマは「まれびと」だ。

MINUSのSS18コレクションのLOOKBOOK | テーマはJAFA(日本航空宇宙流行研究庁)

2012年よりブランドをスタートさせた藤本透がデザインを手掛ける『マイナス(―)』が、2018SSコレクションのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。